神尾印房の活動

手彫り印章彫刻風景 神尾印房
学問の神様 岩津天満宮様 ご朱印製作風景 神尾印房店頭にて

職人の技能とは、何のためにあるのでしょう。

 

日本の美しい実用品を作り出すのは、職人たちの技と心

 

そんな 偽りのない技能が、いつも身近にあること

 

多くの方々に、確かめて頂くこと

 

日本文化の技とこころを、未来の人たちへ繋いでいくこと

 

 

神尾印房は、活動しています。

 

 

神尾印房 手彫り印章 彫刻実演

技能を見せる意味

江戸のふるさと岡崎より職人技を発信

 

明治11年、文明開化間もない頃、江戸のまちで見られた、職人達の技。当時の日本をイギリスの旅行家イザべラ・バードは、こう手記しています。   

 「・・・イギリスでは、商品をショーウィンドーで見せているが、作っているのは、見たことがない。日本では道から、ものを作っているところを見せている、安心して買えるし、声もかけやすい。」、と。

 

もの作りを見て、その技を信頼し、人々は買い物をする、かつて見られた素晴らしい江戸の職人文化。店は「見せ」から由来するとも言います。

 

技術を見せることは、誠実さの証しなのです。

 

神尾印房では、愛知県岡崎市の職人、作家の交流勉強会「おかざき匠の会」へ参加しています。

 

岡崎城の桜まつり・藤まつり、おかざき匠の会東京展示会、道の駅藤川宿等でも、当店職人(一級印章彫刻技能士、全技連マイスター)神尾尚宏が、印章彫刻実演を披露。同時に職人の手彫り印章、ゴム印作品を展示しています。 

 

機械化に席巻された昨今、全国的にも珍しくなった、印章手彫りの技術。

 

目で見て、彫る音を聞いて、その技術の細かさに驚き、手仕事を感じて頂く。

 

 勿論、神尾印房の店頭でも、日々、職人の彫刻実演をご覧いただけます。

 

日本の美しい実用品である はんこ。

 

その手彫りオーダー品を、目に見える店頭で一点一点お作りする。

 

神尾印房には、「目に見える」技能があります。

 

江戸のふるさと岡崎より、職人の技を発信しています。 

 

↓印章彫刻実演活動のブログ記事

未来のひとたちへの手紙

職人のライフワーク

 

 

若い人たち。こども達は未来そのもの、です。神尾印房の職人は、人を育てる素晴らしさを知っています。

 

日本文化のひとつである、はんこ文化。

その世界は奥深く歴史あるものです。はんこは実用品でありながら、権威や権利の象徴、

そのひと自身の名を記す大切なしるしです。

 

その身近なはんこ文化のお話をすること。

 

また、消しゴムはんこという身近なものを通し、手作りの魅力、充実感を伝えたいと、消しゴムはんこ作りの授業を合わせて行なっています。

(母校 岡崎市立南中学校にて地域講師の会講師、

蒲郡市立塩津中学校エンジョイカルチャーにて講師。

青年教育者の学校の先生方の勉強会での講師等)

 

中学生の職場体験も毎年受け入れています。

(岡崎市立翔南中学校)

本物のはんこを作る生徒さんの姿は真剣そのもの。

 

自分の名前の由来を知り、字源を調べ、懸命に彫る姿。

 

全国的に珍しくなってしまった手彫り印章を作る当店にとって、微笑ましくも励まされる、嬉しい光景です。

 

身近な消しゴムはんこの手作り体験と、はんこのお話。

仕事としての手彫り印章の世界・・・

 

若い人たちのこころには、どう映るでしょうか?

 

きらきらした目が、未来を照らします。

 

 

 

 

 

 

  

↓若いひとたちへ伝える活動 ブログ記事

神尾印房 「はんこ屋さんが教える消しゴムはんこ」

はんこって楽しい

手でつくることの原点

 

 

印章店の職人自らが教える、消しゴムはんこ講座・・・神尾印房が、全国で先駆けでした。(初回平成21年)

 

「はんこ屋さんが教える消しゴムはんこ」と題し、岡崎市のまちゼミ講座(会場 岡崎市りぶら)を中心に始め、今では、おかざき駅前ゼミ(岡崎市、岡崎商工会議所)や、みかわdeオンパク(蒲郡市観光協会)で、毎年自店で開講し賑わっています。

  

おかざき匠の会イベントでの、消しゴムはんこ作り体験

(岡崎城、イオンカルチャーフェスティバル等)

 

幼稚園、小学校PTA研修等での消しゴムはんこ講座。

 

また、シビックハロウィン(岡崎市シビックセンター)イベントでは、神尾印房特製ハロウィンゴム印をコースターに押して楽しむ

 

「ハロウィンはんこで遊ぼう!」を、毎年地域のお店として出店。

 

小さなお子様~中学生のお姉さん、パパママたちの笑顔で賑わっています。

  

はんこ つくって、おして、わらっちゃう

 

きみのつくるを。ぼくらは応援。

 

その笑顔から、改めて教えて頂いたこと。

 

手彫り印章をしている、神尾印房の職人が何より分かっていること。

 

「はんこって、楽しい!」

 

それが、一番なのです。

 

 

 

↓はんこって、楽しい! ブログ記事